落ち込んでいる女性

ジスロマックと風邪

落ち込んでいる女性

最近では風邪をひいた患者が早く治すために病院に行くと、風邪薬と共にジスロマックと呼ばれる治療薬を処方されることが多くなっています。
ジスロマックは細菌性の感染症に有効となるマクロライド系の抗生物質で、同じ抗生物質であるペニシリンと聞くとほとんどの人は理解できるでしょう。
しかし、抗生物質自体の効能を知らない人が多く、ジスロマックを風邪薬のひとつと捉えて服用している人も少なくないようです。

ジスロマックは細菌のタンパク質合成を阻害することで、増殖を抑制して症状を和らげるほか、高濃度で使用することで細菌を死滅させる働きがあります。
この細菌というのは病原微生物のひとつで、同じカテゴリにウイルスやカビの仲間である真菌といったものが存在します。
しかし、これらの病原微生物の構成は全てが異なるため、ウイルスには抗ウイルス薬、細菌には抗生物質、真菌には抗真菌薬といったように、それぞれに有効な治療薬が必要となります。

風邪はウイルスによる感染症のため、通常は抗ウイルス薬が必要となります。
体内の様々な炎症を鎮める作用をジスロマックが持っており、さらに風邪で弱った体に細菌が感染しないように二次感染の予防として用いられることがあります。
高齢者が風邪で体が弱っている時に、細菌のひとつである肺炎レンサ球菌が感染すると重症となることがあるため、あえて二次感染の予防として処方されます。
特にインフルエンザによる死亡例は肺炎による二次感染が非常に多く、ジスロマックはマイコプラズマにも有効であることから、インフルエンザの治療薬と一緒に使用されることが多いです。
また、風邪によるリンパ節の腫れや、子どもに多い中耳炎などにも有効的であることから広く利用されています。